• このエントリーをはてなブックマークに追加

[Laravel Vapor] Laravel Vaporが発表されました

Laracon US 2019にて、Laravel Teamによる新しいサービスである Laravel Vapor が発表されました。

Laravel Vapor は、Laravel用のサーバーレスプラットフォームで、サーバーへのデプロイやオートスケーリングに対応し、Laravelアプリケーションで利用する全てのインフラをカバーします。

Taylor Otwell氏による実際の公演がアップロードされています。

Taylor Otwell - Intro to Laravel Vapor

AWSの基盤を利用して、サービスのUIから様々な機能が提供されます。

  • Laravel用に最適化されたwebサーバーやインフラのオートスケーリング
  • ゼロダウンタイムでのデプロイメントやロールバック
  • 統合した環境変数のマネージメント
  • バックアップ、レストア、オートスケーリングを含むデータベースの統合的なマネージメント
  • Redisの採用やクラスタのオートスケーリング
  • データベースやRedisキャッシュの最適化
  • 静的ファイルのCloudFront CDNへのオートアップロード
  • etc

また、デプロイ時にはプロダクション環境と同時にステージング環境も構築可能で、開発からリリースまでシームレスな管理を行います。

AWS CloudWatchを拡張したような強力なログ機能も準備していて、サービスのUIからアプリケーションの状態を確認、監視ができます。

Laravel Vapor でアーリーアクセスの募集があるので、興味をお持ちであれば登録してみましょう。